肘内障(ちゅうないしょう) | 阿見町口コミ上位のつばめ接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > EMS,交通事故施術,産後矯正,肩こり,腰痛,骨盤矯正 > 肘内障(ちゅうないしょう)

肘内障(ちゅうないしょう)

2018.10.30 | Category: EMS,交通事故施術,産後矯正,肩こり,腰痛,骨盤矯正

今週は、【肘内障(ちゅうないしょう)】をご紹介致します。

 

 

肘内障とは5歳以下のお子さんに多い症状です。

 

症状としては、子供が手を引っ張られた後などに痛がって腕を下げたままで動かさなくなります。

 

原因としては肘の靭帯(輪状靭帯)から肘の外側の骨(橈骨頭)が外れかかることによって起こります。

お買い物に行ったり、公園で遊んでいる時にふとお子さんの腕を引っ張りがちだとは思いますが、
5歳未満のお子さんですとまだ骨がしっかりしていなく、外れやすいので注意してください!

 

 

その後、お子さんは痛くない方の腕だけを使うようになります。
中には痛くて泣き回る子もいます。

 

おかしいなと思ったらすぐ診察を受けて下さい!!

 

 

当院でも肘内障のお客様を診させていただけます!
整復をした後は普段通り生活できますし、その後の施術は必要ありません。

 

ただし、また引っ張ったりすることによって繰り返すこともあるので注意しましょう!

 

 

お子様のケガで心配になったらつばめ接骨院へ☆